働くみんなの教科書

大企業人事担当者のblog

【就活】面接必勝法/面接直前のポイント

スポンサーリンク

f:id:koumech:20190109161435j:plain

 

ここまでは準備についてお話ししてきました 
さあ準備はOKでしょうか?
 
さて、面接本番の前にもまだ気をつけることがあります。
私の面接官としての経験から、ポイント2点お伝えしています。

会場到着時間

 
遅刻しないのは当然ですが、意外に多いのが
「早すぎる」ことによる失礼です。
 
面接当日は、会場の準備などがタイトなスケジュールで進行していることもあります。
なぜなら、面接官や担当する人事部の社員は、仕事はそれだけでは無いからです。
そういった中で、30分以上前に到着してしまうと、今度は待機場所を急遽確保する必要があったり、予定より早く会場の準備を進行したりなど慌しくなります。
 
「早いに越したことはない」と思いがちなのですが、適切な時間に調整して到着することは、面接に限らず、往訪時のマナーの一つなのです。
 
私の場合、採用面接(試験)は10〜15分前が丁度良いと感じます。
ですが、このあたりの感覚は会社によっても違いますので、面接日程の連絡を受けた時に、人事担当の方に「15分ほど前に会場到着と考えておりますがよろしいでしょうか?」など素直に聞いておくと良いと思います。

 

面接以外の立ち居振る舞いに注意

 
私は、面接が一通り終わった後に、会場を仕切った担当者や、受付の社員に、気になった学生がいなかったか確認します。
面接の場では非常に好印象でも、受付で挨拶していなかったり、担当者の迷惑になる行動があったりといった学生は大きく減点します。
 
面接の場以外でもあなたの人柄は見られています。
気を抜かないようにしましょう!
 
さあ次はいよいよ本番です!