働くみんなの教科書

大企業人事担当者のblog

【就活】面接必勝法/準備編 身だしなみ(髪型・ヘアスタイル)

スポンサーリンク

f:id:koumech:20190110213608j:plain

 

 

私の面接官としての経験から、就活における好印象な髪型についてのポイントやタイプごとに陥りやすい減点傾向についてアドバイスしていきます。

 

 

髪のスタイリングやメイクをしておらず清潔感や華やかさがない人

まず、自分は「普段から髪型をスタイリングやメイクをしていない」という自覚のある方は、やることは二つ

まずは美容院に行こう

おしゃれに無頓着な方は、美容院に行ってもどうオーダーして良いかもわからないため、1000円カットで適当に済ませたりしているのではないでしょうか?勇気を出して、美容院へ行きましょう。オーダーも「就活にふさわしい感じで!」とだけ伝えて美容師さんにおまかせでOK。就活に向いているヘアスタイルというのはそれほど特殊なものではありません。おまかせしても大きく失敗することはありません。

 

スタイリングの仕方を学ぼう

好印象のためには、カットだけではダメです。スタイリングが必須です。これは男女ともにですが、スタイリングを全くしていない学生がほんとうに多いのです。

ですが、どうしたら良いの?ワックスって何?どうまとめたら良いの?いまさら友達にも聞けないし…という方もいると思いますが大丈夫です。解決策のひとつは、先ほど髪を切った美容院で勇気を出して教えてもらうこと。

もう一つは、YouTubeで学ぶことです。初歩的なところから学べる動画がたくさんありますよ。

 

◯男性

THE BARBER SHOP - YouTube

◯女性

【ロング:1束】就活・面接・証明写真で好印象な髪型:ロングヘアのまとめ方その① - YouTube

 

ある研究によると、第一印象の7割は髪型で決まるとも言われます。メイクも含めれば8割となります。髪とメイクはあなたの就活を大きく左右します。これを期におしゃれに目覚めてみましょう!

 

追記: 男性は眉毛も整えましょうね!

【テクニック】ナチュラル眉毛 お手入れ基礎編[公式] - YouTube

 

 

2. 普段からおしゃれをしていて就活の場にそぐわない人

次に、「普段からおしゃれに気を使っている」という人が気にしてほしいポイント

 

おしゃれをする気持ちは捨てて「就活生らしさ」に特化しよう

社会人としてベースになるのは礼節です。前記事のスーツの話と同じです

 

www.workers-text.site

 

社会人のおしゃれというのは「TPOに合わせられる能力」を指します。

お葬式に赤いドレスで行く人はいませんよね。これと同じで、就活、そして面接の場に合わせなくてはいけません。普段の自分、そして自分のこだわりは捨てましょう。

 

個性は無い方がいい

髪型やメイクで個性を出して、面接官に印象を持ってもらおう、という狙いは多くの会社においてはマイナス作用します。いわゆる「悪目立ち」となります。就活の場において個性は捨てましょう。

 

その分、ディティールで差をつける

面接官は、実はより細部を気にします。「神は細部に宿る」と言われるように、ビジネスにおいてもディティールを詰められる人の方が結果を残す傾向にあります。

よって、同じようなスーツ、同じような髪型の中での差、例えば、服にシワがない、靴が綺麗、サイズ感がジャスト、後れ毛が無い、ネクタイの結び目が綺麗、などに着目しているのです。そこをしっかり突きましょう。

 

+α

美容院は前日などではなく、1週間くらい前に行きましょう。髪を切った直後は結構わかるものです。決してマイナスではないのですが、1週間ほどたった方が自然な感じになりますし、その方が常に清潔感のある人のように感じてもらえやすいからです。

 

ここでは大まかなポイントしか伝えていません。いろんなサイトの情報を参考にしてみてくださいね

www.aoki-style.com