働くみんなの教科書

大企業人事担当者のblog

傷病手当金の基礎知識と申請方法(かんたん解説)

スポンサーリンク

f:id:koumech:20190203165517j:plain

傷病手当金というのをご存知でしょうか?これは、働く人が病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度で、被保険者が病気やケガのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されるものです。
 
ここでは誰にでもわかりやすいようにかんたんに解説いたします
 
●要点
 ・過去1年間、社会保険(健康保険)に加入していればもらえる
 ・3日以上会社を休み、その休みに対して会社から給与がない場合
 ・申請から1ヶ月程度で受給でき、給与の2/3の額を得られる
 ・支給開始日から最長1年6ヶ月受給できる
 
 

支給条件

傷病手当金は、次の条件をすべて満たしたときに支給されます。
 
健康保険の被保険者
勤務先の健康保険に加入している被保険者が対象で、扶養に入っている家族や国民健康保険に加入している人は対象外です。
 
業務外の事由による病気やケガ(私傷)の療養のための休業であること
業務上・通勤災害によるもの(労災保険の給付対象)や病気と見なされないもの(美容整形など)は支給対象外です。
 
仕事に就くことができないこと
傷病手当金の申請においては、仕事ができない状態であることの証明(医師の診断書など)が必要です。
 
連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
仕事を休んだ日から連続して3日間(待期期間と言います)の後、4日目以降の仕事に就けなかった日に対して支給されます。待期には、有給休暇、土日・祝日等の公休日も含まれるため、給与の支払いがあったかどうかは関係ありません。
 
休業した期間について給与の支払いがないこと
ほとんどの会社の場合、私傷病に起因する休職(欠勤)に対して給与の支払いはありません。もしあなたの会社で給与の支給が認められる場合は傷病手当金はもらえません。この手当は業務外の事由による病気やケガで休業している期間、収入がないことについて生活保障を行う制度のためです(ただし、給与の支払いがあっても、傷病手当金の額よりも少ない場合は、その差額が支給されます)※よって該当する私傷病について有給休暇を充てた期間ももちろん支給対象外です。

 

支給される期間

傷病手当金が支給される期間は、支給開始した日から最長1年6ヵ月です。もちろん仕事に復帰し会社から給与が出るようになれば受給資格は失います。
 

支給される傷病手当金の額

概ね、給与の66%にあたる額がもらえます。
 
正確には、
1日当たりの金額:
支給開始日の以前12ヵ月間の各標準報酬月額を平均した額】(※)÷30日×(2/3)
 
 

申請手順

勘違いしやすのですが、傷病手当金というのは健康保険から支払われるのであり、会社が支払うものではありません。きちんとした会社は人事や総務の担当者が、申請書や手順について説明をしてくれますが、申請は自分が主体となって行うものですので、しっかり理解しておくことが必要です。

 

①会社に報告&申請書を準備する
会社に傷病手当金の申請をすることを伝えましょう。申請書は会社が準備してくれることもありますが、自分で用意することもできます。
 
②医師に「意見書」(証明)の記入を依頼する
医師に傷病手当金支給申請書の「意見書」に記入を依頼します。意見書とは、休んでいた期間「労務不能」だったことを証明してもらう書類です。病院によっては書類作成までにかかる期間が違いますので、依頼する際に確認しましょう。
 
③会社に「事業主証明」の記入を依頼する
傷病手当金支給申請書の「事業主記入欄」に記入を依頼します。会社を休んでいることと給与が支払われていないことの証明をしてもらいます。
 
④支給申請
「医師の意見書」と「会社の証明」が揃い次第、本人記入分の申請書と合わせて、会社から保険者(協会けんぽ、健康保険組合)へ提出してもらいます(会社を経由せず、本人が申請することも可能です)
 
⑤審査と支給
支給される場合は「支給決定通知書」、不支給の場合は「不支給決定通知書」が送られてきます。指定の口座へ入金されるまでの期間は申請後、約2~3週間となります。
 
 

傷病手当金のをメリット・デメリット

 メリットとしては、療養に集中できることです。収入がないと生活できないという理由で病気を抱えながら無理して働いてしまうことがありますが、約6割でも収入があれば治療に専念できるのではないでしょうか。デメリットはとくにありません。「傷病手当金を受給することで転職が不利になるのでは」といった心配も聞きますが、転職の際に健保組合などから傷病手当金を受給していたことが漏れるようなことは基本的には考えられません。強いていえば、生命保険の加入ができない場合があります。しかしこれも傷病手当支給から5年以上経過していれば問題ありません。
 
支払っている保険料で受け取れるものですから、きちんと理解して活用していきましょう。
 
 
詳細はこちらをご確認ください