働くみんなの教科書

大企業人事担当者のblog

【新社会人】完全身だしなみガイド(スーツ/女性)

スポンサーリンク

f:id:koumech:20190209141001j:plain

 

 男性の場合は、服装のルールが決まっているスーツから選んでいくだけですが、 女性の場合は、選択の幅が広く難しいですよね。基本的なところからいえば、ジーンズは避ける、派手すぎる服装や露出の高いものは避けるなど、相手を不快にせず自分を演出できるような組み合わせが基本となりますが、ここでは新社会人にふさわしい身だしなみをわかりやすく解説していきます。


①スーツは相手へ「社会人としての立場」と「礼儀」を表現するもの
②会社の品格を守るためのもの

 

学生時代はどんな格好をしてもあなた自身の評価になるだけでしたが、会社員になると、あなたの身だしなみが会社のイメージに直結ます。しっかりした服装でいることが、会社の品格を上げ、信頼感を高めることに繋がります。スーツを着ることも仕事の一部なのです。

新社会人のうちは、センスの良さではなく、相手に好印象をもたれるような「感じのよさ」をまず目指しましょう。そのために基本を忠実であることが必須です。

 

 

スーツスタイル

パンツよりスカートがフォーマルですが、仕事に合わせて選びましょう。
総合職などアクティブな仕事ならパンツスーツで、一般職や事務職など受け身の仕事が多い場合はスカート中心にするのがよいでしょう。
 
 

色使いとポイント

 

アウターやパンツ、スカートは紺系、ベージュ系、チャコールグレーといったベーシックカラーを選びましょう 

 

 

インナーは、ホワイト、ホワイト、オフホワイト、サックス、パールグレーあたりが基本(デザインとしては肩幅が広い人はシャツ、なで肩の人はフリルつきなどが合います)

 

 

 ストッキングは自然な肌色で、柄ものはNG。バンツスーツでは、ひざ下までのショートストッキングでOK。

 
アクセサリーやベルトなどでワンポイントカラーを入れて、全体を整えるとよいでしょう。アウターと対照的な色が効果的ですが、あまり派手な色は避けましょう。
 

ルールは先輩を見て知る

女性の身だしなみの基本は、会社や仕事によって正解は変わってきます。入社直後は上記に紹介したような無難なものを選んでおき、それから、まわりにいる先輩を観察して、ラフさの度合いやアクセサリーの程度、色づかいはどの程度か、……などを確認し、自分のスタイルに取り入れていきましょう。先輩よりラフな格好はしないことが第一ですよ。
 

手入れ

1日が終わったら、ブラッシングをしましょう。柔らかな馬毛ブラシがおすすめです。これをすると埃が取れ、静電気も防ぎ、スーツを綺麗に保て長持ちしますよ!

 

仕事中のエチケットのために携帯用ブラシをバッグに入れておくのもベターです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サワフジ クリーンブラシミラー付 (洋服ブラシ・スーツブラシ) CLB-51
価格:399円(税込、送料別) (2019/2/9時点)

楽天で購入

 

 

姿勢

スーツの着こなしは最終的には姿勢で決まります。顔をあげ、胸を張り、頭のてっぺんから踵に一本芯が通っている状態をイメージしましょう!